忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/11/21 08:32 |
げんしけん2 5話
いろんな意味で凄かった。
専任のキャラデザまで設けるか、普通。

最も噴いたのは田中×斑目w
久我山の別人28号ぶりにも笑った。(声は一番渋かったけどw)

荻上さんの妄想、凄すぎ。
でも、妄想する姿はちょっと萌える。
PR

2007/11/10 20:27 | Comments(0) | TrackBack(1) | 感想
『戦いはなおも続いた。』(by 政宗一成)
「トランスフォーマー・ザ・リバース」を見ました。

「2010」の後に作られた作品で、
コンボイ、ガルバトロンの両司令官も出てきますが、
どちらかというと、
ヘッドマスターズのメンバーを中心にしたストーリーでした。

そして、日本版とは異なる彼らの誕生のいきさつが描かれています。

エネルギーを開放するキーを巡って、両者が争いますが
その舞台はある惑星に移り、
両軍は、現地の住民と支配者との争いに巻き込まれます。
その中で『人とTFが一つになる』システムが開発されることになり、
これがヘッドマスターの誕生になりました。

ここでのヘッドマスターは、
パートナーとなる人間が身に付けるスーツという設定ですが、
頭部に変形すると、なぜか中身が操縦席という
とんでもないアバウトぶり。

そのうえ、2010の紅一点、アーシーまでもが
ヘッドマスター化!(これが一番の驚き)
あの女顔のどこをどうすればロボにTFできるのやら…。
(玩具)

とはいえ、もう一つの『ヘッドマスターズ』の序章として楽しめる内容でした。

ちなみに、当時のタカラの開発の人のインタビューによると、
『鋼鉄ジーグをトランスフォーマーに取り入れたら…。』
というアイデアが、ヘッドマスターにつながっていったそうです。



2007/11/03 22:27 | Comments(0) | TrackBack(0) | 感想
ベン10 5話
宇宙からの敵だけでなく、
マッドサイエンティストやモンスターの卵を狙う悪の密猟者などとも戦い、
バラエティ感のある「ベン10」ですが、
昨日の5話は、1話の敵エイリアンが再登場、
3人の刺客を送りこみました。

一方、ヒーローの力を過信するベンは、
マックスじいさんに「力任せに戦ってるだけ」と指摘され、
戦略を考えることを勧めるのですが、
調子こいてるベンはそれを聞き流します。
案の定、3人の刺客の攻撃に大苦戦するのですが…、

刺客の一人がベンの不甲斐なさに嘆き、
じいさんと同じことを指摘してきました。
実は、正々堂々とした武人キャラのようです。
彼に教えられたベンは状況に適した変身で逆転、
なんとか勝利しました。

ちなみに、そのいい刺客の正体は、
ダイヤモンドヘッドの同族でした。どうりで手強いわけだ…。

『ヒーローの苦戦→何かを教わる→逆転』という燃える展開は
どこの国でも好まれるようです…。



2007/09/18 07:40 | Comments(0) | TrackBack(0) | 感想

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]